ネスカフェスペシャルT 申込み問い合わせ

MENU

ネスカフェスペシャルTとは?口コミと評判

美味しいお茶の入れ方は、お湯を沸かして、茶葉を蒸らして、あとは入れるだけ。 理屈の上では非常に簡単です。でも、実践するのは案外難しいもの。 「お湯の適温って何度なの?いちいち計るわけ?蒸らせと言われても待てません!」という具合に、 なんだかんだ理由を付けて簡単に済ませようとする気持ちが優先するからです。 というよりも、ティーブレイクなのに神経を使うのはナンセンスと考える人がほとんどだと思います。 もっともなご意見ですがちょっと待ってください。せっかくのティーブレイクだからこそ美味しいお茶を飲みたいとは思いませんか? 面倒な手間なしに。ネスカフェでおなじみのネスレが扱うネスレスペシャル.Tは、 そんな願いを叶えてくれるティーサーバーです。 ネスレスペシャル.Tはコーヒーマシンのドルチェグストと同様のカプセル式。 茶葉がパックされたカプセルをセットしてスタートボタンを押すだけで、自動的に美味しいお茶ができあがります。 ボタンを押せば、あとは待つとなく待てば良いので、温度計もタイマーも必要ありません。 個々のカプセルには茶葉の情報が記載されていて、ネスレスペシャル.Tにセットされると自動で読み込まれます。 それぞれの茶葉は、この情報から得られた最適温度と最適な蒸らし時間で入れられるので、 カップの中には本来の味を十分引き出された一杯ができあがります。

ネスレスペシャルTのお茶の種類

カプセルは、日本茶、中国茶、紅茶、フレーバーティー、ハーブティーと種類が豊富で、 200ccのティーカップで計算すると1杯あたりの単価はいずれも約50円。 紙コップを使うタイプの自動販売機よりもお得です。それぞれのラインナップは次のとおり。 日本茶:煎茶、ほうじ茶、玄米茶、かぶせ茶。 中国茶:ジャスミンフラワー、パイムータンフィネス、福建省烏龍茶。 紅茶:アールグレイ、イングリッシュブレックファスト、ダージリン。 フレーバーティー:トロピカルセレクション、レッドフルーツディライト、ブルーベリーマフィン、レモン&ジンジャー。 ハーブ&ルイボスティー:アイスミント、レモンローズヒップソルベ、ルイボスオレンジ、サニーグレープフルーツ。 原料には、いずれもきちんと管理された銘茶だけが使用されています。 ネスレスペシャル.Tの背部にあるタンクの容量は1.5L。 200ccティーカップに換算すれば約7杯分です。 マシンには専用の浄水フィルターが付いているので、タンクに入れるのは普通の水道水で構いません。 また、衛生面で気を使うタンクは頻繁に丸洗いしたい部分でもありますが、 構造がシンプルなので誰にでも簡単に取り付け取り外しができるため安心です。

ネスレスペシャルTの1杯あたりのコストは?

1杯当たりのコストは特別なものを除いて約50円。マシンは何種類かモデルがあって、 単体で買えば1万円前後ですが、時折見られるキャンペーン期間中にアンバサダーに 入会すれば無料でもらえます。 消耗品やもしもの場合の交換部品に関する案内が大きくアナウンスされている点も安心感があります。 例えば、浄水フィルターは150杯ごとに交換が推奨され、 値段は1300円ほどなので1杯あたりのコストは9円未満。 一日3杯と仮定すると50日使えます。